出雲コンサート&ツアー レポート

2017年11月に開催されました、芳賀さん&キムシンさんのコラボコンサート並びに出雲ツアー報告です。
(レポーター 清水眞子さん)

11月11日 午後 出雲のエネルギーの源〔みなもと〕を体感する旅
11月12日 午前 ミニ・ツアー 神魂神社・八重垣神社
        午後 コンサート「宇宙の響き~カタカムナ~」
日御碕1
ここ山陰地方では、古くから人々が暮らしてきました。
出雲、松江、大山、米子、隠岐の島・・・土地のエネルギーをみると、
ひとつの大きなエネルギー帯です。
このあたりに住んでいた人々を出雲族とよぶならば、私たち日本人の多くは彼らの末裔!
私たちの祖先をどこまでも、どこまでも遡っていったなら、出雲族の血が引き継がれている
ことでしょう。そんなふうに考えると、出雲の地を懐かしいと感じる人がいらしたら、
それはタマシヒの感覚、ココロ、生物脳のハタラキです。現象界の物質レベルで説明の
つかない感覚は、生命カンを高めてゆくときにとても大慈です。出雲のような昔から人が
住む土地を訪ねて、その場のエネルギーを感じて、自然とヒビキ合うことはカタカムナの
使い手になってゆくまさに実践、この地は、カタカムナの学びを深めてくれる懐かしい、
優しい土地です。
そんな出雲地方、松江で記念すべき第1回目のコンサートが開かれましたことは、
素晴らしきコト、大きな意義のあるコトと、とても感慨深く思っています。
カタカムナを「上古代にあった文明」という表現をすることで、滅びてしまったと考えている
人がいるようですが、カタカムナは滅んでなどいません。現象界と潜象界は表裏一体、
今もカタカムナは私たちの傍らに重畳して存在しています。「カタカムナは封印された」という
人もいるようですが、封印などされていません。封印されているのなら、ウタヒをあげても
木の葉が揺れることはないでしょう。カムの深いオモヒを知ることで、答えは自ずとココロに
湧いてきます。昔から人々が住むトコロ、出雲でカタカムナへのオモヒにトキをくゆらしたなら、
トキとトコロが合うかもしれません☆彡



2017.11.11
出雲大社
出雲大社
出雲大社では、巨大な柱が発見され、巨大な神殿があったという説の
裏付がはじまっています。芳賀さんの土地のエネルギーセンサーによれば、
お祀りしているエネルギーの本体は日御碕神社の海底から湧いているので
出雲大社は遥拝殿だったと考えると巨大神殿は尚一層、確かなモノとなります。

日御碕神社
日御碕2
ここが神社裏手の海岸、日本海です。
小さな岩島に鳥居があります。
ここが出雲大社のお祀りしているカミさまの本体エネルギーです。


2017.11.12
長浜神社
出雲長浜神社
ウタヒをあげ 芳賀さんはコンサート会場へ
ここからミニツアーの始まり(案内人 清水眞子さん)
   
神魂神社
かもす神社
カモス神社と読みます。左手の女坂から本殿の後ろがエネルギーの流れるヘリです。
本殿右手奥にエネルギーだまりがあります。
男坂が階段になっていて、今はここからお参りしますが、上がってすぐ本殿という創りは
不自然です。右手に昔の参道跡があってここから参拝するとエネルギーだまりのポイントに
向かいますから、昔はこちらからお参りしていたのでしょう。
カモスとは素敵な言葉です。
土地のエネルギーとココロワクミトであるあなたのエネルギーで新しい何かを
醸し出してみてください☆彡

八重垣神社
八重垣神社
芳賀さん曰く、このあたりは昔河原で、鏡の池は大きな地震で塞がれた滝つぼとのコト!
確かに左手の大きな駐車場から辺りを見回すと河原にいるようで、小川も流れています。
というわけで地震の影響を受け、エネルギーはそれほど高くはないようです。



2017.11.12
コンサート「宇宙の響き~カタカムナ~」

会場「興雲閣」
出雲興雲閣   出雲興雲閣朝日

カタカムナ提灯も初登場!
出雲コンサートちょうちん

演目

第1部 キムシン シンセサイザー演奏
1.銀河のまなざし
2.Jupiter
3.ミスマル
4.モンゴロード
5.久遠の宇宙
6.いつくしみ
7.ナビヤ

第2部 芳賀俊一 講演会
カタカムナ・ヒビキについて

第3部 芳賀俊一・キムシン コラボレーションライブ
出雲コンサート

<ウタヒと語り>
生命、物質、天然、自然、水、光、風、炎、銀河、宇宙、この世にある、
あらゆる物の中心に存在する見えない所、そこで躍動する営みのウタ
・二首、三首

見えない躍動が同時に、物とその物を存在し続ける、チカラを発生させる
仕組と、やがて見えない所へと巡るウタ
・五首、六首

生き物たちは、見えない所で湧いている「イノチ」をつかみ、生かし続ける。
あふれだした命を、周りの命に分け与えているココロのウタ
・四十八首、五十三首、六十三首


あとがき
今回のコンサート及びツアーにご参加くださいました皆様、遠路、足をお運び頂き、
心から御礼申し上げます、ありがとうございました。
お陰さまで2017年は第3弾「カタカムナへの道しるべ」が出版され、
コラボコンサートが実現した躍進の年となりました。
これからも皆様と共にカムに向かってカタカムナを突き詰めてゆきたいと思います、
どうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

【レポート】平成26年高野山ツアー報告

2014年10月12日(日)~13日(月・祝)の2日間で高野山ツアーが実施されました。
(レポーター:東京勉強会 冨岡さん)

全国から潜象道を学ぶ方々数十名が朝大阪に集まりマイクロバス2台に分乗して出発、昼過ぎには高野山に到着し直行組と合流しました。集合してみると総勢50余名のツアーで潜象道塾としては最多参加者記録でのツアーで聖地での楽しい学びと体験の始まりです。

【日程】
12日 08:45 新大阪、なんば集合 マイクロバスで出発
   正午過ぎ 高野山到着 壇場伽藍で直行組とも合流 根本大塔-御社参拝
   14時頃  一の橋で昼食後 散策しながら奥の院へ
   15時過ぎ 奥の院参拝
   16時  宿坊・無量光院到着 勉強会
   19時半 夕食

13日 6時  朝のおつとめ(自由参加・~7時半)
   7時半過ぎ 朝食
   9時  霊宝館
10時前 解散
    *東京グループは新大阪へ出発(夕方台風接近予報あり)
        *その他のグループは随時金剛峯寺参拝など



続きを読む

【レポート】新潟ツアー報告

2013年7月14日~15日 新潟パワースポットめぐりのレポートです。
ご参加された皆さま、お世話になりました!
楽しかったですね~~~(*^^*)   レポータ:ハル

続きを読む

【レポート】2013春、金鳥山ツアー報告

2013年4月28日(日)
金鳥山ツアーは、総勢28名!
初めてのご参加の方も多く、にぎやかなツアーでした。

10:30に集合
坂道を登って、保久良神社に到着。
すがすがしい風が境内を通り抜けています。
金鳥山01

早速、芳賀さんからレクチャー
金鳥山02

神社の脇から登山道へ続く道に、大きな岩「神生岩」。
金鳥山03

岩のやや上で、ウタヒ。
金鳥山04

ここでお昼をいただき、登山組と岡本駅待機組に分かれました。
登山組は一路、風吹岩へ向かいます。
金鳥山05

風吹岩に到着。砂と岩の世界。
金鳥山07

写真にはありませんが、鉄塔が建っていました。
この場所が、塔を支えられるエネルギーの高い場所であることがわかります。
金鳥山06

鉄塔から少し離れた岩にて、ウタヒ。
向かいの山の岩に反響する芳賀さんの声。
金鳥山08

風吹岩を離れ、途中「ミトロカエシ」の池へ。
金鳥山09

【レポート】2012.11.3 新潟八海山パワースポットめぐり

『八海山パワースポットめぐり』 の報告です。

~~~~~~~~~~~~~~~~
11月3日(土)午後 JR浦佐駅に集合!
  西福寺・開山堂
   ↓
  浦佐に戻って軽食
   ↓
  八海山神社にてカタカムナ奉納
   ↓
  宿泊先の八峰養魚場へ移動し、夕食&懇親会

11月4日(日)
  勉強会「日本の物理学Ⅰ」
   ↓
  八海山にて昼食
   ↓
  雲洞庵
   ↓
  解散♪ お楽しみさまでした!

続きを読む